27歳で緊急脱出!仕事が嫌なので0円でセミリタイア!!

2020年6月に5年続けた仕事が嫌になり資産がロクにないまま勢いで辞めた人間の末路をお楽しみください

だが後悔はしていない

どうもポテトです

僕は資産0で仕事を辞めたりしたわけだが

つまるところそれまでに稼いだ金は

全て使っていたということだ

 

 

そしてこういう状況になった今でも

お金を使い切っていた過去を後悔はしていません

 

そもそもお金は使ってこそ力を発揮する

そのお金を貯めることの意味に懐疑的なのは

今も昔も変わらない

 

最近世間では投資をすれば時間をかけてお金を増やせる

資本主義の世界でそれをやらないのは愚かだというような風潮ができつつあるが

 

結局のところお金を増やしたところで最後は使うのだ

 

ならば若ければ若いほど使い道はあるだろう

自分が歳をとった時いくらお金があっても

体力はあるのか、精神的な老いで全てに興味を失っているんじゃないのかと

未来の自分がお金を使えるポテンシャルはあるのかどうか疑わしいと思っている

 

そこらへん皆はどう考えているのだろう

 

ネットでインデックス投資

20年や30年計画の話を見ていると

どうも皆んな

未来の自分を過大評価しているように思う

 

人間の全ての感覚は年とともに鈍化していくことを

甘くみすぎている

 

と、まぁこうやって現代の貯蓄主義、投資主義に逆張りしてみたが

 

僕自身は少しずつ、貯蓄や投資も始めている

 

なぜなら仕事が嫌だという気持ちだけはどれだけの時を経ても鈍化しないと思うからだ

 

ようはバランスだ

 

無駄にお金を使うくらいなら貯蓄、投資をするべきだし、今やりたいこと使いたいことがあるならできるだけ今のお金を使って叶えていこうと思う

 

今も未来も捨てないで生きていく

 

それが一番なのです