27歳で緊急脱出!仕事が嫌なので0円でセミリタイア!!

2020年6月に5年続けた仕事が嫌になり資産がロクにないまま勢いで辞めた人間の末路をお楽しみください

セミリタイアを目指す人の傾向と悲しみ

どうもポテトです

今回はセミリタイアを目指す人の傾向と悲しみというテーマで語っていきます(^^♪

 

 

最近はネットを見ているとセミリタイアのための

資産形成をしている人が増えている印象を受ける

そしてそんな人の多くはすでに何百何千万という金を持っているようだ

 

それは僕にとってすごいと思うと同時に少し悲しくなった

なぜならお金を貯めるということは大変なことだからだ( ;∀;)

その大変な行為を継続することでそんな数千万という大金が積みあがることを考えると資産の額がまるでその人の苦労の数に見えてしまう

 

お金を頑張って稼ぎそしてそれを使わずに貯める

これは言わば自分の労力を売って得たものを享受せずにとっておいているような感じだ

大好物のイチゴを食べずに延々と他の部分を食べイチゴだけが貯まっている

その胆力はすごいとは思うが悲しまずにはいられない( ゚Д゚)

 

ここでそんなセミリタイアを目指す人の良く見られる傾向についてだ

・友達が少ない

・趣味にお金を使わない

・恋愛をしない

・資産を貯めることが好きでそれが安心になっている

 

このような傾向があると思うが

全般的に言えるのが「お金を使わずとも幸せになれる」

こう思っている人が多いように思う

最近はミニマリストとかいう人たちも出てきてますよね

 

僕はこの意見に対して正しいとは思うが正解ではないと思っている

確かにお金を使わずとも楽しいことなんていっぱいあるし無料でいろんなことができる時代だ

僕自身今の資産形成の方法に倹約やこのような考え方は外せないだろう

 

しかし、この「お金を使わずとも幸せになれる」という考え方はとても残念な悪癖だと思う

その考えに捕らわれている限りその人の世界は未来永劫に広がらないからだ

お金を使うことで得られる別の幸せを逃している事実は変わらないからだ

 

だからこそ「お金を使わずとも幸せになれるが、お金があればもっと幸せになれる」

これを認めず思考停止して幸せに浸ることを僕はしたくない

 

当然お金を稼ぐことは大変なことだからバランスを考え足るを知ることは大切だし、最終的にはその考えに誰もが行き着くだろう

しかしまるで今の自分が一番幸せかのような幻想をもつ人は滑稽だ

幻想を持つ人は生活の時々にわけの分からない満たされない気持ちが襲ってくるだろう

現実を見て受け入れることをやっていないのだから( ;∀;)

 

自分の幸せは一番ではないけれどこんなもんでいいだろうと正しく理解できている人こそ酔っていない持続可能な幸せなのです(^^♪