27歳で緊急脱出!仕事が嫌なので0円でセミリタイア!!

2020年6月に5年続けた仕事が嫌になり資産がロクにないまま勢いで辞めた人間の末路をお楽しみください

普通の人は金を使えば使うほど労働するハメになる

どうもポテトです

今日も働かずになんとか生きようともがいてるおっさんであります

 

普通の人は金を使えば使うほど労働するハメになる

これ当たり前なんですけど

割と気にしてない人が多い

 

 

その人たちの考えの根底にあるのが

どうせ働くんだからせっかく稼いだお金は使わないと損

これです

もう働くことが前提になってるんですよね

 

そして年齢とともに給料も上がるからいいだろうと

ローンを組んだりひどい人はリボ地獄に落ちます

(ちなみに僕も昔リボ地獄に落ちたことがありました(笑)

だからこそ言える!リボだめ!!絶対!!!)

 

でもぶっちゃけこの考えは視野が狭いです

人は誰しも年齢とともに衰えます

年功序列で給料が上がることはあっても体力は確実に落ちていきます

そして必ずいつか仕事を辞めたくなります

それは60歳かもしれないし70歳かもしれない

でもいつかは身体が弱って働きたくなくなるんです

 

僕はその働きたくなくなったのが普通の人より早かっただけなんですよ

 

なので働かずに生きていくを目指すのは全人類が本来やるべきことなんじゃないかと思います

 

当然、公的年金に頼るのはいいですが

それでもあなたが定年まで働くモチベーションが続く保証がどこにあるのか?

 

働かなくても生きていける人が働くことはできますが働かないと生きていけない人は働かない選択肢を取ることができません

 

この柔軟性のなさをもっと恐れるべきなんです

そして恐れるのであれば無駄なお金の使い方はやめるべきです

 

今を楽しむことも大切というのは僕も同意ですが

自分にとって必要な浪費と不必要な浪費をしっかり優先順位をつけることで生涯の労働時間を少しでも削減できる権利を持てるのだと思いますよ

 

労働資本を使って金融資本を増やしていく

これが自由へのシンプルステップなのです

そうすればたとえ自分が年老いて労働資本がなくなったとしても、その時には自分を支えてくれる金融資本ができているはずです

 

いずれ消え堕ちる労働資本に頼りきりは卒業しましょう

 

まぁみんなが合理的すぎると僕が得出来なくなってしまうので僕以外の方はいままで通り社畜生活をやってもらったほうがいいんですけどね笑