27歳で緊急脱出!仕事が嫌なので0円でセミリタイア!!

2020年6月に5年続けた仕事が嫌になり資産がロクにないまま勢いで辞めた人間の末路をお楽しみください

【またしても悲報】第一次ポテトブームが終わりました【僕が自由に書く本気記事15】

どうもポテトです。

ここ最近、僕のブログは絶好調でした。

あまりにも僕の書く記事が面白すぎるのが理由だと思いますが、はてなブログ神からも後押しされたのもあり、アクセス爆増、読者登録爆増の毎日でした。 

 

しかし、どうやらこの「第一次ポテトブーム」は終焉を迎えたようです。

はてなブログ神が僕の記事をおすすめに乗せなくなってしまったのです。

 

ですがこれは、はてなブログ神から認められたということなのでしょう。

「もう君のブログは後押しする必要のないぐらい、素晴らしい」

「君はこれから一人でも戦っていけるだろう」

――そう言われた気がしたんです。

 

今まで、ありがとう。

この恩は決して忘れないよ。

(僕は心の中でそう呟きながら、感謝と別れの悲しさが入り混じったなんとも言えない表情を浮かべるのであった……)

 

ここで今回のブームの成果をまとめておこう

・ブーム期間(5/7~5/9)

・ブーム前PVは50~150/日 ⇒ ブーム時は100~300/日。

・読者登録はほぼ0から現状の64まで駆け上がる。

ブログ村ランキングも着々と駆け上がり現在67位。

・特にいい記事は個別で、はてなブックマークに登録されるようにもなった。

 

こうやって見ると僕のブログの成長はやはり著しいな。

今回のブームでわかったことは、僕の記事は人に見られさえすれば、一定の評価を得られるということだろう。

――まぁ僕の記事って面白いもんなぁ……。

その面白さゆえに自分でも結構見返しちゃうぐらいなんだよなぁ。

 

――しかしここで一つの懸念点が突如、浮上する

僕は調べていました。

読者登録とは何か、はてなブックマークとはなにか。

学のない僕はこれらがなんのためにあり、なんのために皆がやっているか、わからなかったから調べたのです。

 

そうすると一つ怪しい説が浮上しました。

どうやらこの読者登録とか、はてなブックマークTwitterのように相互登録を目的として闇雲に登録する者がいるらしいんです。

 

そこで僕は考えた。

――僕が今回受けた数々の謝辞は本物なのだろうかと。

本当は全ての謝辞が相互登録目的という薄汚れた欲望が形になったものではないだろうか。

 

そんな残酷なことがあっていいのだろうか。

僕は喜んだんだ。

初めての読者登録、初めてのはてなブックマーク

自分の努力が報われたのだと喜んだ。

 

でももし違っていたら、僕はまるでピエロじゃないか。

本当は誰にも、何も認めれていないのに一人で歓喜してる哀れなピエロだ。

 

だが僕は読者たちを信じることにする。

なぜなら僕のような崇高なる人物が書いた記事には、それ相応の崇高なる読者がついてくれていると信じるからだ。

 

だからこれからも僕は喜ぶ。

泣いて喜ぶ。

時には家族と一緒に喜ぶのかもしれない。

久しぶりに母親に自分の成果として報告するのかもしれない。

 

そんな僕をどうか悲しきピエロにしないで欲しい。

そしてもし、もうすでに自分が過ちを犯した自覚があるのなら。

もう一度僕の記事を全て読み返せばいい。

そして君は本当に――僕のファンになるんだ。

 

自分がついた嘘を本当にしろ。

君が罪悪感から逃れる唯一の道筋だ。

 

この世界から哀れなピエロが一人でも減ることを僕は説に願おう。

 

エル・プサイ・コングルゥゥ……。(シュタゲ風)