27歳で緊急脱出!仕事が嫌なので0円でセミリタイア!!

2020年6月に5年続けた仕事が嫌になり資産がロクにないまま勢いで辞めた人間の末路をお楽しみください

無職になろうと人生は続くんだよ

どうもポテトです。

ガチ無職おじさんです。

 

無職になって思うのが、それでも人生は続くということです。

そして無職になったからといって劇的なことはないということです。

普通に寝て、普通に食べて、普通に生きるんです。

  

働いていた頃って、もっと小さい不安や悩みがいっぱいあった気がするんですよね

・仕事のやり方に悩む

・人間関係に悩む

・仕事ちゃんと出来てたかな?と不安になる

・明日も仕事でテンションが下がる

・明日仕事だけど眠れなくて焦る

 

いろんなことに心労があったなと、今では思います。

それが無職になってわかるのが、どれも生きる上で必要ではないなということです。

寝れて、食べれたら、人は生きていけます。

 

人の生きる条件というのはシンプルなはずなのに、現代では複雑な生き方をしているせいで、悩みごとが増えていると感じます。

 

寝るにも食べるにもお金が必要だから、みんな働いて、複雑な悩みを作ってしまうのでしょう。

でも僕はその複雑な悩みに人生を浪費するのは、効率が良くないんじゃないかと思うんです。

人の悩みはもっとシンプルであるべきです。

・どうやって食べ物を調達しよう?

・どうやって寝る場所を確保しよう?

・もっと悩まずにお金を得るにはどうしたらいいんだろう?

 

人が元来もっている欲求を満たすための悩みを、解決するべきなんです。

そのために余計な悩みを付随させてはいけない。

悩みを解決するために新たな悩みを作っていては、一生悩んだままです。

 

悩まずに全てを解決する。

それは難しいことです。

僕もまだ到達できていません。

 

ですが、そういう方向で努力していくべきなんじゃないかと思うんです。

お金を得るためにはストレスは仕方がない。

とても大人な考え方ですが、夢がないなと思ってしまいます。

もっと理想を追い求めてもいいんじゃないかと思うんです。

そっちのほうが楽しいです。

 

たとえそれが失敗に終わってボロボロになったとしても。

積み上げた自身と自負が粉々になっても。

どうせ僕たちの人生は続くんです。

 

だったらもっと前のめりで理想を追い求める。

そんな人生もありなんじゃないかと思います。

 

もちろん、これは今すぐ僕みたいに仕事辞めようぜ!イェイ!!イェイ!!

ということではありません。てかテンション高すぎ。

 

仕事をしながらでも、そういうのを夢見て、影で暗躍するのもいいと思います。

 

全てを諦めて納得して、本当は仕事したくないのに、し続けることを覚悟する。

これが勿体ないと思うんです。

人生長いし、チャンスがあるかもしれません。

だったら自分の心の中に、その野望を持っておくぐらいバチは当たりません。

 

日本には労働者が多いけど。

実はみんな無職になる野望を心に抱えている。

そういうのって面白いと思いませんか……?