27歳で緊急脱出!仕事が嫌なので0円でセミリタイア!!

2020年6月に5年続けた仕事が嫌になり資産がロクにないまま勢いで辞めた人間の末路をお楽しみください

奴隷よ、お前は実におめでたい。

お前は主人から可愛がられ、おだてられたからといって、それだけで奴隷でなくなると思うのか?奴隷よ、お前は実におめでたい。お前の主人はお前をおだてているが、いまにお前を打つであろう。

 

どうもポテトです。

上記はフランスの哲学者パスカルの名言を引用。

 

彼が生きた時代と僕たちが生きている時代は違います。

ですが今も昔も大して変わりませんね。

奴隷というのは、いつの時代でもいるのですから。

 

格差のない社会はないし、今後もできません

人は生まれながらにして格差を作りたがるのですよ。

仕方なくでもなく、自然とそうなっているわけでもなく、本能的に人間は格差を作るのです。

 

そして現代の奴隷制度は実に巧妙ですね。

奴隷が自分を奴隷と思っていないのだから。

気づかないうちに使役され搾取され、自分の全ての大半を奪われていることに疑問を持つことも許さない。

まったく、現代の奴隷制度というのは、よく考えられたものだと思いますね。

 

税金の取り立て方なんて、モロにそうでしょう

新卒で入社して、一度も会社を辞めたことがない人なんかは、自分がどんな税金をどんな理由でいくらぐらい払っているか把握してない人も多いんですよ。

 

全て自動でやっているから。

源泉徴収という悪魔のルールです。

税金を前抜きして、あたかも手取りが自分の取り分だと思わせる。

前抜きされている感覚を与えない。

疑問すら抱かせない悪魔のルールです。

 

f:id:potetoo:20210515234816j:plain

 

嘘と欺瞞に溢れたご主人様

会社から褒められる。

そしてやる気を出して、もっと一生懸命に働く。

そしたらもっと褒められる。

これがループしていませんか?

 

仕事で成果を出した時。

あなたが成長した時。

しっかりそれに見合う対価は貰えていますか?

 

ただ褒められるだけで満足していてはパスカルの名言通り、おめでたいとしか言いようがないですね(笑)

 

僕は性格がひん曲がっているので、会社で表彰された時や上司に褒められた時、嬉しくともなんともなかったです。

だってそれで僕になにが得られるのか。

なにも得られやしない。

むしろ信頼だけされて仕事がさらに降られるのがオチでした。

昇給はただ会社の在籍年数に応じて分けられるだけ。

それも会社の調子がいい時だけ。

 

会社はおめでたい奴隷と違って実にしたたかです。

褒めはしてもお金は渡さない。

役職名を与えても給料は上げない。

どこの会社もやっていることです。

 

いかに中身のない賛辞で奴隷を奮起させるかを、つねに考えているのが現代の会社であり、現代のご主人様というところでしょう(笑)

 

僕はおめでたい奴隷にはなれなかったし、今後なる気もありません。

つねにご主人様の首を狙う、狡猾な奴隷でありたいと思います。

僕はいつでもお前の隙を伺っているぞ。とね。

 

そうやってチャンスを伺ってこそ、チャンスは掴めるものです。

ただ待っていてはダメなんです。

 

今日僕が伝えたいのはそういうことです。

おめでたい奴隷にならずに、チャンスをつねに伺え。

隙があればご主人様の首を狙っていこうじゃありませんか。

 

そっちのほうがカッコいいし、なにより面白いです(^_-)-☆