27歳で緊急脱出!仕事が嫌なので0円でセミリタイア!!

2020年6月に5年続けた仕事が嫌になり資産がロクにないまま勢いで辞めた人間の末路をお楽しみください

ブログ80記事、更新した結果

どうもポテトです。

当ブログも80記事を超えたようだ。

今回はその結果を振り返ろうと思う。

 

・ブログ運営期間 約2.5か月

・PV数 100~200PV/日

アドセンス収益 月間、うまい棒数本程度

ブログ村ランキング70位前後

・コメントが徐々に付くようになってきた

・読者登録が爆増した 現在65人

はてなブログから、おすすめブログとして紹介された

 

記事数が増えていくにつれ、ブログの成果もしっかり出ています。

それはひとえに僕の書く記事が、読者たちを魅了しているということだろう。僕はその事実に顔をにんまりとさせる。 

 

Googleアナリティクスの解析を見ても、徐々にリピーターが着いてきてくれていることも確認している。

 

そして同じくして、段々と男女比が男に偏りつつあることも確認している。

僕の理想は共学のブログを目指したいんだけどな……。

男ばっかり集まっても、青春できないじゃないか。

 

そして年齢層は25~34歳の範囲が一番多いとデータが出ている。

やはり僕の年齢と近しい人が良く見てくれているということだろう。

これはまぁ仕方ない。

誰だって自分と近い年齢の人を、参考にしたいはずだから、仕方ない。

 

収益は未だに、小学生のお小遣いに勝てないレベルではあるが、これはPV数が原因である。

ようは僕の努力不足だ。

溶岩のような熱量の記事を書き上げて、もっと僕の信者を集めなければ、いつまでたっても、僕は小学生たちに勝てないだろう。

 

PV数に関しては徐々に増えてきてくれているし、このまま記事数を増やしていけば少しずつ改善されるとは思っているが、今の記事レベルでは早々に頭打ちがオチだ。

 

僕はセミリタイアブログが好きだ。

だから他の人のブログもしっかり巡回して監視するようにしている。

自分のブログに活かすためもあるが、半分はただの趣味だ。

そうやって見ていると、やっぱりトップ層を走る彼らの文章は面白いのだ。

話題や話の組み立て方に多彩性がある。

ぶっちゃけ記事の内容は、ほとんど同じじゃね??と思うこともあるが、ちょっと角度を変えた視点で新鮮さを出しているのは上手いなと思う。

 

こういう面白さというのは、ある種その人が持つ才能だろうなと思う。

面白い人が書く文章はやっぱり面白いのだ。

だが僕も怖気づいちゃいない。

自分の才能を信じて記事を執筆するだけだ。

自分が真に面白い人間かどうかは、このブログの結果が示してくれるはずだ。

僕が地べたに這いつくばり、屈辱に身をひたすかは、今後の自分の努力次第だと思っている。

 

次に書き手である僕の変化を見ていこう

 

・ブログへの熱量がさらに増えた

・アナリティクスをちょいちょい見るようになった

・そろそろ自分の記事を進化させようと思っている

 

 

ブログの熱量は右肩上がりで上がっている。

ぶっちゃけブログというのは最初がクソほどに面倒くさいのだ。

ブログ開設、ブログのデザイン作り、アドセンス申請、ブログ宣伝、記事の書き方。

最初は新しいことが山積みで記事執筆に力を注ぐ余裕がないし、調べててもわからないことだったり、急にブログがバグったりするから、普通にしんどいものだ。

 

現在はそれをある程度抜けて、記事執筆に注力できているので楽しいのだ。

まぁ今でも目次とか僕使えないんですけどね。ははは。

 

アナリティクスに関してはようやくデータが集まりつつあって、情報を表示してくれるようになってきた。

まぁそれを見て何かするわけでもなく、趣味として、見て楽しんでいるだけである。

自分の記事が、どんな人に見られているか、データで見ると面白いもんだ。

 

記事に関しては今のところ数重視的な感じで執筆している。

これは意図的ではなく、ブログ初心者の僕は質を上げる術を知らないので、とりあえず数を書いているだけだ。

ブログ初心者って長文書く能力がなさ過ぎて、数だけは多く出せちゃうんだよな。ははは。

 

だがしかし。

今後、徐々に僕の記事は進化していくだろう。

一つに記事の長文化だ。

 

よくブロガーたちの井戸端会議では記事の文字数は何文字がいいの?

みたいな話が繰り広げられているが、僕からすると、くだらない話だと思っている。

 

そんなの決まっているじゃないか。

ブログで悩む時は少年ジャンプで考えればいい。

 

僕が少年ジャンプで好きな漫画があったとしたら、何文字がどうとかより、ひたすらに多く面白いものを読みたいと思う。

だったらブログも同じはずだ。

面白ければいっぱい読みたい。

それがシンプルな心理だと思っている。

 

だから僕はこれから記事のクオリティを落とさず、いっぱい読んで楽しめる記事を生成していこうと思う。

そのうち僕の記事は1記事5万文字を超えて、「あれ、ポテトの記事ってもはやラノベじゃね??」と言われるようになるだろう。

 

さすがにそれは冗談だが。

まぁ目指すはラノベだ。(ラノベなのかよ。)

 

僕はいつか死ぬほど萌える絵師を見つけて、萌豚どもをホイホイして荒稼ぎするのさ。

それが僕のドリーム。

 

さぁ、待ってろよ。萌豚ども。今にブヒブヒ言わせてやるからな。

というわけで、萌える絵を提供してくれる人がいたら、僕に連絡下さいね。

 

というわけで、今回はそろそろお開きとしますか。

ちなみにこの記事で2000文字程度だ。

5万文字は遠いな。

 

まぁちょっとずつ頑張っていこう。

それでは萌豚の読者たち――また会おう……。

 

終わりに

ラノベらしく、あとがきです。)

まぁブログでも自分のこと書いてるから、違いとかないんだけどね。

最近しみじみ思うのは、文字を書いてお金を頂けるというのは、すごくレアなことなんだろーなぁということです。

少なくとも僕の身の周りでは、メルカリとかでお金を貰っている人はいても、文字を書いてお金を貰っている人はいません。

そう思うと僕はいつの間にか稀有な人間になってしまったなと思うわけです。

そうやって数十円に感動できるのも、ブログの良さであり、そしてお金を大切にするセミリタイア者ゆえなのかもしれませんね。

 

関連記事

potetoo.hateblo.jp

potetoo.hateblo.jp