27歳で緊急脱出!仕事が嫌なので0円でセミリタイア!!

2020年6月に5年続けた仕事が嫌になり資産がロクにないまま勢いで辞めた人間の末路をお楽しみください

【VFes】バーチャファイターのコツについて

どうもポテトです。

 

ついに無職の僕も強者まで駆け上がりました。

f:id:potetoo:20210610014754j:image

 

意外と早くいけましたね。昔、自分が五段とかだったころは称号の人達が鬼のように強い人に見えていたけれど、いざ自分がそうなって見るとまだまだ粗いなと思いますね。

 

ということで、今回はここまで駆け上がった僕のVFを強くなるための所感を述べたいと思います。

 

VFはジャンケンです

VFの面白いところは駆け引きです。どんな攻撃も防御も万能ではないんです。ガードや避け、暴れ、下パンチ、上パンチ、投げ、いろいろな動きがありますが、これらはジャンケンのような関係になっています。

 

なのでどんなに強い人にも付け入る隙は必ずあります。そこが面白いところです。ジャンケンって聞くと、なんか勝てる気するでしょ?

 

初心者が勝てない理由

それをズバリ言うと。

『ジャンケンで自分が何を出しているか理解できていないからです』

 

・例えば自分がガードしていたら、投げには負けます

・例えば自分が暴れたら、投げには勝てます

 

これは簡単な例ですが、自分がダメージを負った時は必ずジャンケンで負けています。

 

そこでなぜ負けたかを理解できると、次に修正ができます。

 

初心者はその修正作業が苦手です。そして行動がワンパターンになりやすい。強者達はそのワンパターンに気づいています。だから連続でジャンケンに負けるんです。

 

そしてもう一つの理由

『有利不利の理解が甘い』

 

VFは有利不利が存在します。なぜなら技をガードされたら硬直が生じるからです。

 

なので技をガードされた後、お互いに同じ技を出し合っても硬直分、相手の攻撃を食らうことになります。

 

強い攻撃ほど技の発生速度が遅く、ガードされた時の硬直は長いです。逆に下パンチなど弱い攻撃ほど発生速度が速く硬直が短いです。

 

自分の技の発生速度とガードされた時の硬直の長さを理解することが大事です。慣れたら敵キャラのも把握する。

 

それができるようになると、より正確にジャンケンを理解できるようになります。

 

ここが理解できていないと、自分が不利な時に攻撃してしまいカウンターを食らいやすくなったりします。

 

有利な時は攻め、不利な時は守る、当たり前なことですが、これだけ徹底できれば大分勝てるようになると思います。

 

まとめ

VFは知識と慣れ、両方必要なゲームです。

 

今はyoutubeで強い人の配信がいっぱいあるので、見ているだけでも強くなれると思います。

 

こういう格ゲーみたいなやつは自分が上手くなるほど面白くなります。勝てるようにもなるし、駆け引きが理解できるようになります。

 

ぜひ初心者の方にもそのレベルまで我慢して続けて欲しいですね。

ということで本日はこれでお開きとします。ではまた。