27歳で緊急脱出!仕事が嫌なので0円でセミリタイア!!

2020年6月に5年続けた仕事が嫌になり資産がロクにないまま勢いで辞めた人間の末路をお楽しみください

【情弱搾取】資格ビジネスとかいう闇【僕が自由に書く本気記事5】

どうもポテトです。

宅地建物取引主任者

二級建築士

福祉住環境コーディネーター2級

・カラーコーディネーター3級

僕は元建築業界の人間です。

その中で数多くの資格を取得してきました。

この中には国家資格も含まれています。

 

そんな僕が今回は資格ビジネスの闇について触れていく。

 

当時はがむしゃらでした

僕は学ぶことが好きだ。

知識をつけることが好きだ。

スキルを磨くことが好きだ。

資格取得はある意味で、僕の趣味になっていました。

 

そして仕事に活かせたらいいな。

給料が増えたらいいなと思っていました。

 

実際に二級建築士などは会社から資格手当をもらっていました。

 

だがお金がかかる

今思えば無駄なことを多くしたなと思っている。

資格勉強はお金がかかります。

受験費用、会場までの交通費、勉強のための書籍代、資格学校のスクール代。

 

僕はもっと深く考えるべきだった。

投資した費用に対して返ってくるお金はいかほどかと。

それを考えて初めて自己投資になりえるのだ。

ただ闇雲に勉強をするのは趣味でしかない。

つまり浪費だったのです。

当時、純朴だった僕はそんなことを考えもせず、資格ビジネスに囲い込まれていたんです。

彼らの悪行に、僕という情弱は闇に沈むばかりだった。

今思い出しただけで、僕は悔しい思いで身体が震えます。ブルブル。

 

この世界は糞の役にも立たない資格が多すぎる

資格を得たからといって社会に評価されることはありません。

評価されるのは本当に一部の独占業務資格だけです。

その資格がないと仕事をすることが法律で禁じられている。

そんな資格であれば価値がありますが、それ以外は糞です。

なんの役にも立ちません。

「カラーコーディネーター3級??その割に君の服ダサイねwww」と余計に草を生やされるだけです。

 

そして使わない知識は錆びつきます。

知識があるのは資格勉強してる時だけです。

1年もすれば知識なんて吹っ飛びます。

そもそもGoogle神が現代のみなさんにはついているのですから、知識など必要ないのです。

よって資格取得というのは糞の役にも立ちません。

自己投資としてやろうと考えている人はやめたほうがいいです。

はっきりいいます。やめたほうがいい。

 

「投資した費用に対してお金がどのくらい返ってくるか」

これを考えてから選択してください。

そうすれば糞資格かそうでないか見分けることができます。

 

ここまで読んでくれた読者へ

そもそも自己投資という言葉が巷では盛んですが、僕はこの言葉に対して否定的だ。

言葉の中身が正確ではないからだ。

多くの人間が自己投資と聞いても「結局何すればいいんすか??ww」と悩むことになる。

昨今ではyoutuberや意識高い系のみなさんがひたすらに本を読めと言ってくるが、これもまったく糞の役にも立たないアドバイスである。

「どの本読めばいいんすか?wwwその本読んだらいくらお金もらえるんすか?www」としか思わない。

お金を生まない読書はただの趣味です。

価値観を広げるだけならネットで十分です。

だいたい本を読むことを進める人って、だいたい自分の本出してるんだよね。

つまりそういうことです。自分の本を売りたいだけ。

もしくは本紹介というビジネスをやってるだけです。

まぁ外道の鬼畜ですよ。

純朴な人たちを捕まえて、自己成長とかいう曖昧な言葉で釣って自分だけは儲けるんですからね。

僕は思います。

本を買うのは情弱であると。

 

もちろん本当に利益になりえる本であれば買ってもいいと思います。

でも資格でも本でも糞の役にも立たないものが多すぎる。

これに尽きます。

なので僕は読者の皆さんにおすすめする。

資格はとるな。本は買うな。とね

 

僕を信じるかはあなた次第です。

信じる者は救われる。

だが信じる対象をしっかり吟味して下さい。

それが情弱だった僕が言える、愛すべき読者へのアドバイスです。

健闘を祈る。

エル・プサイ・コングルゥゥ(シュタゲ風)