27歳で緊急脱出!仕事が嫌なので0円でセミリタイア!!

2020年6月に5年続けた仕事が嫌になり資産がロクにないまま勢いで辞めた人間の末路をお楽しみください

奴隷であることを自覚しましょう。

自分が奴隷であることを自覚し、自分の解放のために闘争に立ちあがった奴隷は、すでに半分は奴隷ではない。 

 

レーニン社会主義と宗教」

 

どうもポテトです。

今日はまず、あなたに問いかけようじゃないか。

あなたは労働者か?それとも奴隷か?

  

皆、それぞれ答えがあるかと思うが、僕が導き出す答えは――わからないだ。こんなものは言葉遊びでしかない。

 

ここで労働の定義やら奴隷の定義やらを解説するつもりはないし、興味もない。

そんなことを勉強しているぐらいなら、僕はエロエロライトノベルを読むだろう。

 

世間一般のルールや言葉の定義やらはどうでもいい。

大事なのは、あなたの人生を、あなたがどう自覚して、どう生きるかなのだから。

 

僕は正社員時代のことを振り返ると、奴隷であったと思っている。

自由というものを感じていなかったからだ。

そして怯えていた。

上司の目に、客の目に、業者の目に。

人に怯え、時間を奪われ、生活リズムを奪われ、税金を奪われ、これを奴隷と言わずなんと言おうか。

僕がずっと正社員であり続けていたならば、身の回りの全てを奪われた後、最後には心を奪われ、命までも奪われていたかもしれない。

というのはまぁ、大げさだけど。

僕が働いてたところは、わりとホワイトだったから。

 

しかし実際に過労死してしまう人がいる国なのですよ。

この国は。

 

そんな国に住まう僕たちは、いつ奴隷と気づくのでしょうか?

死ぬ、その時まで気づかない人もいます。

 

だからこそ僕は喉を枯らして、声を上げるのです。

奴隷であることを自覚しましょう。とね。

 

奴隷であることを自覚した瞬間、あなたは半分は奴隷でなくなります。

心だけは、もう立派な反逆者です。

感づかれたことがばれたら、きっとあなたは会社に殺されてしまうでしょう。

 

なぜなら社会は僕たちを奴隷であると自覚させないように、いろいろと裏工作をしているからです。

新人研修で同期と仲を深めさせ。

源泉徴収でこっそりお金を抜き取り。

名ばかり役職を与えて、奴隷を奮起させ。

メディアでは働くことこそが正義と刷り込みをし。

人の幸せとは。エリートとは。

そういった人間の価値観そのものを偽り。

 

ありとあらゆる施策をもって、僕たちから奴隷という概念を消し去るのです。

なんて恐ろしい世の中だ。僕はあまりの恐怖にスマホとなる。ブルブルブル!!

 

まずは気づき、そして行動に移す。

どんな革命も、まずは気づくことから始まるのです。

現状の悲哀に気づき、抜け道に気づき、未来の光が見える。

そして行動が生まれる。

僕たちは今までも、そうやって進化してきたんです。

 

なので、皆さんもつねに考え続けて下さい。

今の自分が労働者か奴隷か。

労働者と思える自分でありましょう。

奴隷と思う自分であれば、その自覚が革命への第一歩です。

 

自由でないのに、自由であると考えている人間ほど奴隷になっている。

 

ゲーテ 「格言と反省」

 

上記の偉人の言葉をわかりやすく言うと。

自由だと勘違いしている人ほど、悲惨な奴隷ということです。

 

まぁそりゃあそうです。

気づかずに搾取されっぱなしですからね。

その光景はまるで、気づかない間に髪をむしり取られて、いつの間にかハゲになってしまったような悲惨さなんですよ。ハゲるのって怖いよね。

 

だからこそ僕はまたしても声を枯らして、声を上げるのです。

つねに自分が奴隷でないか疑え、つねに自分がハゲてないか疑え。とね。著者はハゲにビビりすぎ。

 

人間の感覚なんて適当なもんですからね。

周りに自分より悲惨そうな奴隷がいると安心してしまうものなんですよ。

「あー、あの上司、もうハゲてるよwこりゃあ悲惨だなーwwww」

とか思ってると、それが数年後の自分だったりするわけです。

 

だけど、つねに疑えば対策がとれます。

気づくことがハゲ防止の一歩なんですよ。

僕なんて、スマホで定期的に写真で納めてますからね。生え際とか。

 

いや僕はハゲてないですよ?だけど疑うんです。

ハゲた人しかハゲを疑わない。そこに落とし穴があります。

ハゲてないからこそ疑うのです。

手遅れになってからじゃ遅いです。

 

奴隷も同じです。

もし今のあなたが自分で奴隷じゃないと感覚的に思っていても、つねに疑うべきでしょうね。

自分の感覚は正しいものか。誰かに操作されたものではないのか。とね。

 

そうすればきっと時間を何十年も無駄にする。

何百万と多額のお金を無駄にする。

最悪の事態だけは防げます。

 

僕は願っていますよ。

僕の愛する――読者の皆さんが――奴隷とハゲの脅威に気づくことを。

 

それが例え――気づかないほうが幸せなことだったとしても……。

 

終わりに

(恒例のあとがきです⦆

今回の記事はいかがだったでしょうか。

偉人の名言を引用すると、僕の記事にも説得力が出たらいいなぁとか思いながら執筆してました(笑)

 

本記事にはハゲの話がありましたが。 

最近、僕シャンプー使うの、やめてるんですよね。

そのせいか、毛がだいぶ丈夫になってきた気がします。

お湯だけで洗うので作業量も削減できて良い感じです。

お金もかからないし、セミリタイア的でもあります。

 

今まで使ってたものが実はいらないってこと結構あるんですよね。

そういう常識も、実はマーケティングのため、闇の組織が僕たちに刷り込んでいるのかもしれませんね。